レンタルバイク GB350S

2024.06.03 晴

 

3年前にGB350(スタンダード)をレンタルしてみて、GB350Sにも乗ってみたいなとは思ってたが、他にも乗ってみたいバイクは色々出てくるので遠ざかっていた。

で、なぜ今思い立ったのかと言えば、近年スクランブラー系のバイクに興味が湧いててCL250/500などレンタルして来た。

GB350Sがスクランブラー系バイクとは謳ってなかったとは思うが、フロント19インチからして、(僕的に)スクランブラー要素があるやんと気付いた顛末。

 

岡山県:レンタル819 北長瀬店にて

(ETC付き、ETC本体は車体右側のポーチに収納されていた。)

 

 

 

 

 

メットホルダーは純正装備です。

 

 

 

 

 

既走行距離は4,067kmで、いい感じに仕上がってるぞと!

 

 

 

 

 

R180(岡山西バイパス)を北上し、吉備SA(下り)スマートICから高速に乗る。
児島ICで降りて少し行くと、瀬戸大橋が出迎える。

え”、バイクが邪魔で見えない・・・

 

 

 

 

 

こちらです。

 

 

 

 

 

マットなバイクの方が好みかな〜と思うけど、こういう映り込み写真が撮れるのは長所にはなる。

 

 

 

 

 

更に、メッキ部などはご覧の通り映え演出可。

 

 

 

 

 

王子が岳 山頂レストハウスからの眺め。

 

 

 

 

 

そのレストハウスにて、「ライダーの義務」するなり。

 

 

では、ファーストインプレッション。

お跨り:シート前方の幅が若干広めなのと、サイドカバーが少し出っ張っているので、足付きは良いとは言えないが、まぁ十分なんとかはなる。

(因みにサイドカバーの出っ張りは、スタンダードの方が大きいらしい。)

リアサスは、1Gではほぼ沈まず。

フロントサスは、僕の現SV650Xより硬め。

サス調整が出来るなら、柔らかくした方がベターかと思われる。

 

走行:低速が凄く粘るし、GBの特徴ある「パパパパ♪」サウンドで街中でも楽しめる。

高速も走行風は別として、100km/hとかは問題なし。

只、エンジン、マフラーそしてタイヤ(?)も含め「馬車馬」が走り抜けてる感が凄いね!

フロントは普通かと思うが、リアブレーキはもう少し効きが欲しいところ。

今回、不整地を走れなかったのは残念だが、きっとやってくれると信じているw

 

燃費(満タン返し):27.3km/L [走行距離:約120km]

(慣れの範疇かと思うが、給油の加減がよく分からず、いつまでもジョロジョロと入れ続けてたんだなぁ。。。)

 

CL500と比較して:高速走行を重視したいならCL500かな。乗車姿勢の自然な感じもCL500かな。

僕的に、GB350Sが俄然優秀なのはそのスタイルかな

この何気ないカットが、ザ・単車って感じで好き。

容姿単冷Theバイク。

 

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

ガエルネ Gストーン ゴアテックス バイクブーツ

GaERnE G_STONE GORE-TEX

BLACK 26.0cm

 

在庫切れが長らく続いてて、漸く手に入れる事が出来ました。

ぼやぼやしてたらまた買いそびれる危機感の元、試し履きなど出来る筈もなく、いつもの26.0cmでポチる。

 

 

 

 

 

にしても、『箱』カッコいい!w

 

 

 

 

 

なんだか、なにやってるんだろうwww

本題に戻ろう。

 

 

 

 

 

[ファーストインプレッション]

普段靴(スニーカー)26.0cm履きで、本製品26.0cmだとワンサイズ大きい感じかな。

冬用の厚手の靴下を履いたらジャストになるかも。

やや大きいせいなのか、靴側が甲高なのか、その辺りに結構隙間があって、最初「ゴム長靴」履いてる感あって、紐をキツめに括り直すもあまり感触は変わらず。

で、足を屈曲させると甲の部分の革が足に刺さる!?

バイクを操作してる時は特に問題ないが、歩き回るには甲が痛い。

 

一方、バイクの操作感はイイね。👍

くるぶしグリップがしやすくて、バイクとの一体感がいい感じに。

気のせいかフットブレーキも効かせやすくなった様な。

流石、バイクブーツな訳である。

それとサイドファスナーは、やっぱ便利(これ重視で買ったのだ)

 

この製品はゴアテックス使用なんだが、ほぼ全面革張りなので、その機能が有効なのか素人には(?_?)

 

初日の感触はそんな感じでしたが、少しずつ改善していけたらなと思う也。

 

 

 

 

 

おまけ。

 

無印良品:巾着リュックサックをヘルメットバッグに

無印良品のトートにもなる「巾着リュックサック」を眺めていて、ヘルメット入るんじゃないかなと思った!

 

 

 

 

 

OGK kabuto EXCEED(SIZEM)入れてみましょう。

 

 

 

 

 

おぉ、ぎり入りましたぁ。

 

 

 

 

 

で、背負うならメット下側が背中側になる方がいいかな。

(ちゃんと巾着も締めれますよ)

レンタルバイク ELIMINATOR

2024.02.13 晴

 

鈴木さん(SV650X)の進退放置のままだが、バイクには乗りたい〜し、天気も宜しいのでレンタルバイク。

 

お初のカワサキプラザでのレンタル。(明石店)

お初のクルーザータイプ:ELIMINATOR(400)です。

レンタルバイク運営は、モトオークと業務提携している模様。

 

 

 

 

 

お散歩ツーリングにとっても便利な淡路島へGO!

定番の淡路SA(下り)より。ブルースカイ

 

 

 

 

 

3連休の翌日でしたが、天候も宜しく、皆さんお出掛けモードだったのかな。

しかし、ここまで走って来てもこのクルーザータイプのポジションに全くもって慣れないでいる(^^;

 

 

 

 

 

洲本ICを降り、昼食を「秘密基地 akari cafe」にて。

 

 

 

 

 

秘密基地 淡路島バーガー:1,320yen

旨し!

 

 

 

 

 

東海岸に出て、南下していきます。

くねくね道の途中に出てくる「ナゾのパラダイス」(跡地)

そりゃー撮るでしょw

 

 

 

 

 

 

 

淡路島の北側とは雰囲気が違って、この辺「果てしなさ」を感じます。俺だけかも?

 

 

 

 

 

<ファーストインプレッション>

先ずはポジション。

両足踵べったり着きます。

バイクは「軽さは正義」とか言われますが、恐らく背の低いライダーにとっては「足つきこそが正義」なのではw

平坦な場所なら、取り回しするではなく、乗ったままペタペタと移動させる方が安心感があるよね。

この車両がモーターサイクルショーに初めて展示された時に跨ってみたのですが、意外と一般的なネイキッドな感触だった記憶が残ってたのですが、今回走ってみて、いや全然違うと感じたね!

殿様乗りの域なのかは分からないが、シート後ろより?にどっかりと座り、両手はほぼ伸び切った状態でハンドルに添える。

ニーグリップ(するなら)低い位置で、ステップは拇指球辺りではなく土踏まずで踏んでるのが宜しい様で。

クルーザータイプの乗車姿勢は一見楽な様に見えてたけど、そうでもないね!

慣れの範疇もあるだろうけど、お尻でほぼ体重を支える状態なのは、お尻には結構負担掛かる事を知る。

 

エンジン系の話し。

ニンジャ400と同じエンジンな事もあってか、12,000rpmがレッドゾーン!!

淀みなく回るのも今風だと思うけど、個人的にはこのバイクに合っているのかはハテナの感想。

400ccなので排気量なりのトルクはあると思うけど、トルクフルな加速感は感じなかった。

赤信号とかで止まる時、僕は止まる前にニュートラルに入れているのだが、このバイクでは(多分)一度もニュートラルが出せなかった。

しょうがないから、1速まで入れてクラッチを握ったまま停止し、そこからニュートラルにする。(只、1 -> Nへの節度感はGood)

で、そこでまた気付いたのだが、ニュートラルから2速には入らないのである!!

なんだ、このミッションは、、、と思いながらの諸行無常wなツーリングだったのだが、これはそういう仕様なのかと思った。

・シフトダウン時に意図せずにニュートラルに入ってしまわない為

・必ず1速発進する為

 

クラッチは軽い(今時の当たり前?)

メーターは見やすい。

ミラーは真後ろの車とか見えない。(少し体の移動が必要)

ウィンターグローブだと、キーが回しにくいと感じた。

 

燃費(満タン返し):26.2km/L

 

 

 

 

 

エリミネーター ≒ エミリネーサン

(コレが言いたかったので、レンタルしたとかは過言w)

 

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

TAICHI WP INNER JACKET

春秋用のジャケットだと、冬に着用すると風を通してしまうので、オーバージャケットとして購入したのがコレ。

 

TAICHI WP INNER JACKET (RSU264BK01XXL)

BLACK / XXL

 

商品名称的には「インナー」なのですが、防水・防風を謳ってるのを信じて、サイズをXXLにしてジャケットの上に羽織る。

 

 

 

 

 

 

生地感は至って、カッパです。

そしてパッカブルです。(袋付き)

防水・防風効果も一般的なカッパレベルはあると思う。(耐水圧は未記載)

 

 

 

 

 

ちょっと不満点がコレ。

袖を通す際に、裏生地がでろ〜んと出ちゃうところ。

(この手のウェアは、皆そうなのか?)

 

まぁ、カッパを普通にオーバージャケットとして使用してもいいんだろうけど、デザインが「カッパじゃないよ」的な所が良いかなと。

 

2024走り初め

2024.01.02 晴

 

冬晴れの穏やかな天候。

超久々 & newバイク:HONDA VTR250(B-style)のこじろぅ氏とランデブー。

 

1/2からオープンの「ライダーズカフェかこがわ珈琲店」へ、昼食(ブランチ?)を食べに集合。

コレ、全部は喰ってないですよ〜。

相方に食べ助けする(つーかモーニングは、相方が頼んだ奴だしw)

 

 

 

 

 

 

撮影会。

写真では分かりにくいが、スイングアームまで赤いVTR。

なかなかにインパクトあります!

 

 

 

 

 

生石神社へ参拝。

謎の巨石(パワースポット?)エリアに入るのは2回目かな?

でかすぎてiPhoneSE3の画角では、コレっくらいしか写せない。

 

 

 

 

 

「ぼっくりんのラムネ」と「ミャクミャク様」(時代考証:2024年1月)

 

んでから、平之荘神社参拝、小野のイオン(ミスド)でドーナツ・カフェして解散。

天気が良ければ走る。気力体力はそのときどきで!? 🏍

 

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ